【新型定期預金】ビットコイン(Bitcoin)を使った新しい活用方法

alpb realty corporationの須藤順平です。

今までになかった「Bitcoin(ビットコイン)」を使った新しい定期預金の形についてご紹介いたします。

ビットコインとは?

仮想通貨について詳しく説明した仮想通貨について詳しくお話いたしますでBitcoin(ビットコイン)について紹介させていただいています。

先月の2017年5月には、「Bitcoin(ビットコイン)」が史上最高値を記録して、日本でもさらなる注目を浴びました。なぜ、「Bitcoin(ビットコイン)」が史上最高値を更新したのかについては、ビットコイン(Bitcoin)が2017年5月に最高値を記録した理由、仮想通貨法が施行で紹介しています。

フィンテックとは?

「Fintech(フィンテック)」とは、「Finance(ファイナンス)」と「Technology(テクノロジー)」を掛け合わせた造語のことを指します。

テクノロジーの発達が進んで、これからのファイナンスの形態は、テクノロジーを駆使したサービスが当たり前になってきます。以前は株を購入するには、店頭にいる証券マンに高い手数料を支払う必要がありました。しかし、今ではインターネットから購入すれば、低い手数料で抑えることが可能になります。

これからの資産運用には、「Fintech(フィンテック)」を使いこなすことが前提となってきます。使えなくても資産運用はできますが、無駄な手数料が首を絞めます。

ビットコインを使った定期預金

フィンテックを使った資産運用は、これからさらに登場してくると思いますが、最近登場したのが「Bitcoin(ビットコイン)」を使った定期預金です。

日本の「Bitcoin(ビットコイン)」を扱う取引所の中では、最大手のCoincheckという会社が始めたサービスです。日本で一番簡単に「Bitcoin(ビットコイン)」を買える取引所と謳っています。

「Bitcoin(ビットコイン)」を使った定期預金のサービスの正式名称は貸仮想通貨サービスと言います。

貸仮想通貨サービスとは?

貸仮想通貨サービスとは、保有している「Bitcoin(ビットコイン)」をCoincheckに期間を決めて預け入れをして、その期間に応じて定められた利息を受け取る事が出来るサービスです。

取扱い仮想通貨は、「Bitcoin(ビットコイン)」だけに限らず、「Ethereum(イーサリアム)」や「Ripple(リップル)」など主要な仮想通貨は、ほとんど対応しています。期間は最短で14日から、最長で1年間です。以下が利率です。

仮想通貨 14日満期 30日満期 90日満期 365日満期
Bitcoin(ビットコイン) 1.0% 2.0% 3.0% 5.0%
Ethereum(イーサリアム) 1.0% 2.0% 3.0% 5.0%
Ripple(リップル) 1.0% 2.0% 3.0% 5.0%
Monero(モネロ) 1.0% 2.0% 3.0% 5.0%
Factom(ファクトム) 1.0% 2.0% 3.0% 5.0%
Augur(オーガ) 1.0% 2.0% 3.0% 5.0%

今後の注目はイーサリアム

私は今後の仮想通貨の主役は「Bitcoin(ビットコイン)」ではなく、「Ethereum(イーサリアム)」だと思っています。

「Ethereum(イーサリアム)」は、「Bitcoin(ビットコイン)」に次いで第二の時価総額の大きさを誇る仮想通貨で、現在の仮想通貨全体の時価総額の約67.5%を「Ethereum(イーサリアム)」と「Bitcoin(ビットコイン)」で占めています。(2017年6月現在)

新しい仮想通貨が出ると共に詐欺の話も出てきますので、投資する仮想通貨を選ぶときには注意が必要です。フィリピンでも「NOAH COIN(ノアコイン)」という仮想通貨がありましたが、フィリピン仮想通貨「NOAR COIN(ノアコイン)」の実態とは?実際に調べてみましたで紹介したようなことがありました。

不動産テックとは?

これからの時代には、テクノロジーは全ての事と結びついていきます。「Finance(ファイナンス)」と「Technology(テクノロジー)」を合体させた「Fintech(フィンテック)」の他にも、「Real Estate(不動産)」と「Technology(テクノロジー)」を合体させた「Real Estate Tech(不動産テック)」という造語も出てきています。

2016年度の不動産代理・仲介業者の倒産件数は、前年比24%増の93件だったそうです。倒産した業者は、おもに店頭でのみ営業を行っていたところです。

いち早くこのことに気付いて、インターネットを駆使した不動産の仲介などを、インターネット上で完結させる新しい種類のサービスを提供し始めたノマドなどは、順調に契約数を伸ばしています。

これからは資産運用だけでなく企業なども、テクノロジーを使いこなさなくては、生き残れない時代になっていくでしょう。

皆様が気になる投資や海外についての情報を詳しく知りたい方は、コメントかお問い合わせいただければブログで投稿させていただきますのでお気軽にしてください。

フィリピン不動産の購入、売却、賃貸・フィリピンでビジネス立ち上げ・フィリピン移住、各種ビザ取得、フィリピン投資、アジアの銀行口座開設方法、活用方法など何でもご相談に乗らせていただきますので下記よりご連絡ください。

◇ご相談の申し込みはこちら◇

関連記事はこちら


The following two tabs change content below.
須藤順平

須藤順平

2016年4月よりフィリピンの会社alpb realty corporationの設立を手伝い、最年少でalpb realty corporationのディレクターに就く。2017年4月より経営学とIT学を学ぶためにBBT大学に入学。

Comments

  1. 私のおすすめ「フィンテック」アプリ3選 | 海外投資お役立ちガイド

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)